競技大会特設ページ

第18回あいち障害者フライングディスク競技大会

「第18回あいち障害者フライングディスク競技大会」の開催要項を以下の通りお知らせいたします。

【大会名】 第18回あいち障害者フライングディスク競技大会

【開催日】 2019年12月8日(日) 

【会 場】 ドルフィンズアリーナ (愛知県体育館)
      名古屋市中区二の丸1-1(地下鉄名城線「市役所」徒歩5分) [地図はコチラ → Googleマップ]

【主 催】 あいち障害者フライングディスク協会

      中日新聞社・中日新聞社会事業団

【競 技】(1種目のみ選択)

     ●アキュラシー 【年齢別(障がい種別、男女別はしない)】
      ディスクを10投して、アキュラシーゴールを通過した回数を記録とします。
      ・ディスリート・セブン「7m」 ・ディスリート・ファイブ「5m」

      ・ディスリート・スリー「3m」
       ※ディスリート・スリー「3m」はオープン競技です。

        本大会オリジナルで、はじめてフライングティスク競技を始められた方を対象とします。

     ●ディスタンス 【男女別、立位投法、座位投法別(障がい種別はしない)】
      ディスクを遠くへ飛ばし、飛距離を測定し記録とします。
      立って投げる場合(立位)と 座って投げる場合(座位)の どちらかを選択します。

 障がい者スポーツは障がい者の健全な心身の発達・健康の維持増進・社会参加・自立を促すうえ で、大きな役割を担っています。なかでも、フライングディスク競技は、“安全性” “競技性” “レクリエーション性”の面から、障がい者スポーツに適しているとされ、「スペシャルオリンピックス」「ゆうあいピック」「全日本障害者フライングディスク競技大会」などの正式競技として取り上げられ、全国的に愛好者が増加の一途をたどっています。

 2001年からは、「全国身体障害者スポーツ大会」と「全国知的障害者スポーツ大会-ゆうあいピック」が統合され、「第1回全国障害者スポーツ大会」として実施されまた。これによりフライングディスク競技にも身体障がい者の参加が認められることとなりました。障がいの区別なく、だれもが一緒に参加できる唯一の競技であることも特記すべきところです。 本協会では、障がい者の方々が日ごろの練習の成果を発揮する場とすると共に、積極的に社会参加できる機会として本競技大会を実施しております。開催にあたっては、次のようなねらいをもって実施します。

・ フライングディスク競技を通じ、障がい者の健全な心身の発達・健康の維持増進・社会参加・自立を促すことができる場を提供する。

・ 日頃の練習の成果を発表する場としてとらえ、それぞれの障がいの程度や目標に対応するため、競技性とレクリエーション性をもった希望と感動を分かち合うことができる大会とする。

・ 大会を契機に、広く社会の人々へ障がい者スポーツの理解啓発を進める。

あいち障害者フライングディスク協会

1. 期日: 2019年12月8 日(日)

2. 会場: ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)
      名古屋市中区二の丸1-1 TEL052-971-2516
(地下鉄名城線「市役所」徒歩5分)

3. 主催: あいち障害者フライングディスク協会
中日新聞社・中日新聞社会事業団

4. 主管: あいち障害者フライングディスク競技大会実行委員会

5. 後援(申請中):

愛知県 名古屋市 愛知県教育委員会 名古屋市教育委員会 (社福)愛知県社会福祉協議会
(社福)名古屋市社会福祉協議会 愛知県特別支援教育推進連盟 愛知県特別支援学校長会 愛知県知的障害者育成会
(社福)名古屋手をつなぐ育成会 (一社)愛知県知的障害者福祉協会 愛知県肢体不自由児・者父母の会連合会
名古屋市肢体不自由児・者父母の会 (特非)愛知県自閉症協会・つぼみの会 (一社)愛知県身体障害者福祉団体連合会
(社福)名古屋市身体障害者福祉連合会 (社福)愛知県盲人福祉連合会 (一社)愛知県聴覚障害者協会
名古屋市視覚障害者協会 (一社)愛知県フライングディスク協会 愛知県レクリエーション協会 名古屋市レクリエーション協会
東海テレビ放送(株) (社福)東海テレビ福祉文化事業団 (特非)日本障害者フライングディスク連盟

6. 協賛(第17回大会でご支援いただいた協賛企業・団体、50 音順):

(株)アーバンクリエート (株)アーバンシステム あいおいニッセイ同和損害保険(株) (社福)愛燦会あいさんテラス アイシン・エィ・ダブリュ(株) (株)愛知銀行 (公社)愛知県宅地建物取引業協会 愛知ヨーク(株) (特非)あたたかい心 (特非)イエロー・エンジェル (株)イズムエフピーコンサルタント(株)伊藤園 (有)一粒社 (株)伊藤陸運 (有)イノーバー・ジャパン (有)恵光NTトラベルセブンス (株)エバ (医)MDM 円応青年会 王子製紙(株) 王子ネピア(株) カゴメ(株) 春日井製菓(株) 川瀬電池(株) 河村電器産業(株) キーコーヒー(株) (有)共栄エージェンシー (株)ホテルグランコート名古屋 (株)ゲオホールディングス (株)ケッズトレーナー (株)コスモスコーポレーション (株)サイゼリヤ 佐元(株) 四川菜園 三栄印刷(株) 四川菜園 (学)神野学園 中電ウイング(株) (株)中日ドラゴンズ 塚本歯科医院 ティースタイル(株) 東海テレビ放送 東海テレビ福祉文化事業団 東邦運輸(合)(株)トーカン トヨタ自動車(株) (株)ニシワキ ハイノーブル 半田FDC 春日台クラブ (株)ヒルズライフ (一社)福祉情報技術サポートセンター (株)不二屋 ホシザキ(株) Man to Man Passo(株) (株)名鉄AUTO メーキュー(株) (株)山信商店 (株)遊都 ライフグループ統括本部

※敬称略

7. 協力 (第17回大会でご支援いただいた協力企業・団体、順不同):

愛知県障害者スポーツ指導者協議会 (一社)愛知県フライングディスク協会 愛知県城北つばさ高等学校 愛知県立松蔭高等学校 愛知県立春日井高等学校 愛知県立春日井西高等学校 愛知県立春日井東高等学校 愛知県立春日井工業高等学校 愛知県立春日井商業高等学校 愛知県立刈谷東高等学校 中部大学春日丘高等学校 愛知淑徳大学 中部大学 岐阜聖徳学園大学 中部労災看護専門学校 (株)ゲオホールディングス トヨタ自動車(株) 三栄印刷(株) 日本ボーイスカウト名古屋北斗地区 岐阜県障害者フライングディスク協会 三重県障害者フライングディスク協会他

8. 競技規則:

日本障害者フライングディスク連盟及び全国障害者スポーツ大会競技規則、あいち障害者フライングティスク競技大会競技規則

9. 競技内容: 1種目をお選びください

●アキュラシー 【年齢別(障がい種別、男女別はしない)】

ディスクを10投して、アキュラシーゴールを通過した回数を記録とします。

ディスリート・セブン「7m」、ディスリート・ファイブ「5m」、ディスリート・スリー「3m」

※ディスリート・スリー「3m」はオープン競技です。本大会オリジナルで、はじめてフライングティスク競技を始められた方を対象とします。

●ディスタンス 【男女別、立位投法、座位投法別(障がい種別はしない)】

ディスクを遠くへ飛ばし、飛距離を測定し記録とします。

立って投げる場合(立位)と 座って投げる場合(座位)の どちらかを選択します。

メンズ・スタンディング(男子立位)、レディース・スタンディング(女子立位)

メンズ・シッティング(男子座位)、レディース・シッティング(女子座位)

10. 日程(予定):

午前9時30分〜受付 → 

午前10時15分〜オープニングセレモニー → 競技開始 →

 午後4時〜閉会
(参加人数等により日程を多少変更することがあります)

11. 参加資格:

年齢12才以上(2019年4月1日現在)障がい児・者、障がいの種別・程度は問いません。

12. 参加費: 競技参加者 1人 1,200 円(大会当日受付で納入してください)

13. 褒 賞:

個人表彰:各組毎に金・銀・銅・敢闘賞のいずれかと、記録証が全員に授与されます。
(オープン競技の参加者には敢闘賞と記録証が授与されます)

団体表彰:アキュラシー・ディスリートセブン・アキュラシー・ディスリートファイブ、において、個人の得点を集計し、団体表彰を行います。
得点は上位3名の個人の得点を集計します。
なお、申し込み時にあらかじめ選手登録が必要です。選手は5名まで登録できます。
優勝チームには「中日新聞杯」 2位、3位には「東海テ レビ福祉文化事業団楯」が授与されます。
ディスリートファイブの団体登録については、一般(学生をのぞく)のみとします。

14. 申し込み方法:

学校・事業所・クラブ等の団体又は個人でお申し込みください。
当協会ホームページから参加申請してください。 郵便でも受け付けます。
※ホームページでの参加受付は2019年7月15日頃開始を予定しています。
郵送先: 〒462-0833 愛知県名古屋市北区水切町5丁目72番地の2
あいち障害者フライングディスク協会

※「開催要項、参加申込書」は当協会ホームページからもダウンロードできます。

15. 申し込み期限: 2019年9月30日(月)必着(インターネットでのお申し込みは23:59登録分まで)

16. その他:
・申し込み確認のため、11月上旬に、「参加受託書」を郵送します。
・競技用ディスクは主催者で用意します。
・スポーツ傷害保険に加入しますが、事故等については、主催者と保護者が協力し、問題解決に当たるよう、ご理解ご協力をお願いします。

【はじめに】

日頃から障がい者スポーツ、フライングディスク競技の普及発展にご支援をいただき、ありがとうございます。

さて、平成14年実施しております本大会も、今年で18回を迎えます。本大会は年々参加者が増え、選手、ボランティアスタッフ、応援者の皆さんを含めると、約2,000名を超える大会となっております。

これもご支援いただく皆様方のご協力によるものと深く感謝いたします。

つきましては、本年度もこの大会を成功させるために、皆様方の幅広いお力添えを賜りたく、ボランティアによる審判員並びにスタッフ等のご協力についてぜひともお願いします。

主旨をご理解いただき、ご参加お申し込みいただきますようお願い申し上げます。

【内 容】

  1. 期日: 2019年12月8日(日) 午前8:00開始〜午後5:00終了(予定)
    ※当日は午前7:50にスタッフ受付を開始します。

    この時間に集合できない方は、フォームの備考欄にその旨を記載してください。

    ※詳細については競技大会開催1週間前頃にご連絡します。

  2. 会場: ドルフィンズアリーナ (愛知県体育館)
          名古屋市中区二の丸1-1(地下鉄名城線「市役所」徒歩5分) 地図はコチラ → Googleマップ
  3. 主催: あいち障害者フライングディスク協会

          中日新聞社・中日新聞社会事業団

  4. 主管: あいち障害者フライングディスク競技大会実行委員会
  5. 後援: ※開催要項をご覧ください。

  6. 業務内容: 受付、競技(アキュラシー・ディスタンス)選手の招集・誘導、審判の補助等、
    大会運営に関わる部門にご協力いただく予定です。
  7. その他:
    ・前日の12月7日(土)午後5:00〜準備を行いますので参加可能な方はご協力をお願いします。

    ・やむを得ず参加ができなくなった方は必ず事前にご連絡ください。

    ・できるだけ事前に当協会主催のフライングディスク教室にご参加ください。

     ※日時・会場等、くわしくはコチラからご確認ください。 → 教室のページへ

    ・スタッフ受託書は11月上旬に発送予定です。

  8. 申し込み方法:以下のボランティア参加申込みボタンよりお申し込みください。

※たくさんのご応募ありがとうございました。

参加申込にあたって

たくさんのご応募ありがとうございました。すべての募集を締め切りました。

ポスターのダウンロードは → コチラから

 

 

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている Adobe® Reader®プラグインが必要です。
「Adobe® Acrobat®」でご覧になる場合は、バージョン10以降をご利用ください。